第3回コラボワイン会

10月20日月曜日 永代さんとのコラボワイン会が 開催されました。なんと もう3回目でございます。開催の度に永代君の仕事に刺激を受けております^^;  う~~ん痺れる >゜))))彡

DSC01787今回のメニューはこんな感じで 秋を前面に押し出したメニュー構成に なっております。

DSC01757それでは 前菜の八寸盛りから スタートです。

DSC01764この中の蛸ですが 煮た時間が なんと!2秒です。そのまま3日間寝かせて 今日に至ってます。う~~ん いい仕事してますね^^

 

そして次がドイツの白ワインに合わせて 考え抜いた料理です。これも をイメージした料理です。杉板の中身は柔らかく煮た鮑と軽く下味をつけておいたホタテの貝柱 松茸で 栗と銀杏のポタージュと共に提供しました。それぞれ別に召し上がっていただいても 上の焼き物といっしょに絡めて と どちらでも 美味しく食べていただけるように 作ってみました^^

DSC01769DSC01768

3皿目は 鳴門の鯛を昆布〆にして 鯛の骨からとった 出汁をジュレに^^ほんのり柚子と紫蘇が香る逸品です。

DSC01771

4皿目が 白子の料理で 黒い衣の中にとろ~りの白子。天使の海老で包んだ白子 下には白子の生地のガレット  白子づくしです。 海部の藻塩で 召し上がれ~~^^

DSC01774

5皿目  秋に美味しい魚で 鰆(さわら)です。 なぜ魚に春で さわらかと 言うと 産卵のために瀬戸内に入る春が 最もとれる時期であり おもに関西で生まれた言葉らしいです。ちょっと話それましたが、その鰆で松茸を包んで西京味噌のタレで焼き上げました。味噌の焼ける芳ばしさと 松茸の香が たまりましぇ~~ん^^ あしらいの おからバターがまた良い味です。

DSC01777DSC01779

6皿目 ラストです。 柔らかくにて焼いた牛タンと赤ワインを入れて焚いた穴子 そしてフォアグラのミルフィ‐ユ仕立て。ソースは 穴子と牛タンを煮ただし汁に赤ワインを入れたして ゆっくり煮詰めて仕上げたソースとカラメルにバルサミコ酢と煮詰めた赤ワインを混ぜ合わせた2種のソースで仕上げました。あしらいに蕪と鳴門金時のマッシュと舌先の赤ワイン煮込み。

DSC01780

以上でワイン会のメニューは終了ですが、ワイン会恒例の締めの麺で、今回は稲庭うどんの煮麺をお出しさせていただきました。やっぱ 飲んだ後は 麺でしょ^^ 茸のピューレも入ってほんのり秋が香ってます。

DSC01784DSC01786

甘い物で 終了です。 お疲れ様でした。

いや~っ 楽しかったなぁ~ 疲れたけど(^^ゞ  なにより 二代目女将修行中のつばさがメッチャ頑張ってたのが 印象的やったなぁ~^^ ほんま お疲れ様でしたm(__)m

今 徳島 いや全国各地で 活躍してるのが30代の人達で ほんまに良い仕事してます。 彼らを見てると 迫りくる大波に呑み込まれるって感覚に陥り焦りますが、これもまた いい刺激に変えてもっともっと頑張っていきたいと思います。

ガンバレこれからの世代 \(^o^)/

ガンバレ オレ!!

 

 

 

 

 

祝銀婚式

10月15日で なんと⁈ 結婚25周年♪♪

色々ありましたが ・・・

皆様のおかげです(^^ゞ

DSC01743つばさからもプレゼントいただきました。夫婦茶碗です^^ 平日の夜は、炭水化物抜いてるので 日曜日に使わせていただきます^^

DSC01748DSC01749泣けるぜ(>_<)  大事に使います。

 

 

もうすぐ ワイン会  楽しみですね~^^

ですが まだ メニューで 悩んでます~どないしましょ >゜))))彡

DSC01740

お楽しみに~~

さて  メニュー考えよっと^^

ガンバレ  オレ

そして ありがとう みんな 愛してます。